アップリンク吉祥寺の座席数やスクリーンごとのおすすめポイントについて解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

アップリンク吉祥寺は映画館として特別な空間です。

この記事では、アップリンク吉祥寺の座席数やスクリーンの雰囲気について詳しくご紹介します。映画館愛好家や映画ファンにとって、きっと行ってみたい気持ちが掻き立てられるはずです!

目次

アップリンクとは

【音】 鳥肌が立つ音響体験を──世界一の平面スピーカーを導入

国内屈指の音響メーカー、田口音響研究所がアップリンク吉祥寺のために開発した究極の平面スピーカーを全スクリーンに導入。イタリアのパワーソフト社製パワーアンプとの組み合わせで、くもりのないDCPハイレゾ音源の可能性を最大限に引き出します。

【デザイン】 異なるデザインコンセプトの5スクリーンを備えた映画館

5つのスクリーンは「ポップ」「レインボー」「レッド」「ウッド」「ストライプ」というコンセプトで、それぞれ個性的な壁紙、椅子、照明デザインになっています。バラエティに富んだ劇場で、映画ファン向け作品からファミリー向け作品まで多種多様な映画を上映します。

【食】 映画館でも美味しいものを!こだわりのフードメニュー

スパイスの風味が効いたクラフトコーラや、ナチュラルワイン、武蔵野生まれのクラフトビール、添加物の少ないソーセージを使ったホットドッグなど、こだわりのドリンク&フード・セレクションをご用意しています。

引用元:アップリンク公式HP

ミニシアターや、自主制作映画を上映できる日本でも映画好きにはたまらないスポットです。

なかなか地上波でも扱われないラインナップをみることができます。

アップリンク渋谷は閉店していた

渋谷にもアップリンクがあったんですが、機材の老朽化や、コロナ禍のための収益減収が重なり、

2021年5月20日をもって閉館しています。

にゃこ
にゃこ

渋谷の中心街にありながらも、静かで穏やかな映画の時間が楽しめる場所だったので残念です。

今回訪れたのはアップリンク吉祥寺

吉祥寺PARCOのB2Fにあるミニシアターコンプレックス「アップリンク吉祥寺」は、映画を観る体験を特別なものにする映画館でした!

トンネルを抜けると、そこはおしゃれな映画の世界へと誘われます。

ロビーは映画好きが集うおしゃれな空間

トンネルを抜けると水色を基調としたおしゃれな空間が広がっていました。

チケット売り場、物販、フードコーナーが1つの空間にまとめられています。

フードコーナーも充実

化学調味料などの無添加にこだわった、パリッと美味しいホットドックとドリンクのセットを頼みました。熱々の状態でいただけるので、映画も飲食も一緒に楽しめて最高!

無添加なのでお子様も安心して食べられるのがいいですよね。

スクリーンごとの座席数について

アップリンク吉祥寺は大小異なったスクリーンが5つありました。

映画の規模によって上映するスクリーンを選べるのもグッド。

スクリーン1

スクリーン1は63席あります。

出入り口は1つで贅沢な空間で映画を鑑賞できます。

スクリーン2

スクリーン2は52席。

座席の色がカラフルなのが特徴のスクリーンです。

スクリーン3

スクリーン3はアップリンクの中でも大きく座席数も98席あります。

「屋根の上に吹く風は」をみに行ったので座席の様子を写真に写すことができました!

前側でも首も辛くないし、みやすくてとってもよかったですよ^^

スクリーン4

スクリーン4は58席で、木目調のラウンジのような雰囲気が特徴です。

スクリーン5

スクリーン5が一番小さく、29席。

自主制作の映画お披露目なんかにもいいですね。

まとめ:アップリンク吉祥寺の座席数やスクリーンごとのおすすめポイントについて解説

アップリンク吉祥寺に行って、座席数やスクリーンの雰囲気を味わってみましたがいかがでしたか?

その特徴的な雰囲気には、まるでパリのような魅力があり、また行きたいなと思わせてくれる空間です。

ミニシアターならではの落ち着いた雰囲気が広がり、非日常的な空間を堪能することができたのがよかったですね^^

アップリンク吉祥寺の雰囲気はまさに落ち着いていて最高でした!

一歩足を踏み入れると、一瞬で日常の喧騒から離れパリのような雰囲気が漂い、まるでアーティストのアトリエにいるかのような感覚を覚えられます。

アップリンク吉祥寺に足を運び、その魅力をぜひご自身で味わってみてください。きっと最高の映画体験ができると思いますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役パーソナルトレーナーインストラクター。解剖学やヨガ・ピラティスなどボディーワークマニア。副業でライターとデザイナー業をしながら、全国を飛び回る。趣味はゲストハウス巡り。

目次