学芸大学駅の「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華)に行ってみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は学芸大学駅の「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華)に行ってみた感想をまとめました。

このお店は昭和28年(1953年)に創業され、その歴史を感じさせる特徴的な外観が目印です。

店は植物に囲まれ、一歩足を踏み入れると昭和の雰囲気が漂い、時間が止まったような錯覚に陥ります。

こちらのお店ではオムライスが一押しで、鶏ガラベースのスープに炒めた野菜や肉、ラードとニンニクが絶妙なバランスで調和しています。

私が実際に訪れて感じた魅力を、この記事では詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

目次

学芸大学駅のきたなシュラン(中華)は?

「きたなシュラン&きたなトラン」にでた学芸大学の人気店:二葉

ガラスケースには目立つように「きたなシュラン&きたなトラン」の取材を受けた目印のマスコットが置いてありました。

とんねるずが来たのは2016年の6月24日なんですね〜

今でもランチタイムは行列ができているので人気は相変わらずみたいです。

にゃこ
にゃこ

きたな美味い店って表現面白いなあ

「きたなシュラン&きたなトラン」:二葉(中華料理)の外観

二葉は木が生い茂っていて、赤い看板が目印です。

学芸大学駅の東口を出て、右を向くとすぐに目に飛び込んでくるので分かりやすい!

朝に訪問したら、まだ準備中でした。。。。

「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華料理)のへのアクセス、場所、住所、地図は?

住所は〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目3−17です!

学芸大学駅の改札は1箇所しかないので、改札を出たら右へ曲がります

東京靴流通センターの前の道を線路沿いに進むとすぐに見えます。

「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華料理)のメニューは?

安くて美味しいのが有名な二葉ですが、最近(2023年)の物価上昇で値上がりはしたんでしょうか?

看板メニューのオムライスが800円なので、良心的な値段のまま続けているみたいですね!

2023年「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華料理)の店舗情報

営業時間がネット掲載のものと、変更になっていました。

ランチ12:15〜14:45
ラストオーダー:14:30
ディナー17:00〜19:40
ラストオーダー:19:30

支払い方法は現金のみで普段電子決済の人は気を付けて、

財布を握りしめて食べにいきましょう!!

「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華料理)のクチコミや評判は?

にゃこ
にゃこ

さすが人気店!愛のある口コミがいっぱいでした

どれも味が濃いめのクセになるジャンキーな感じで美味しかったです!! オムライスのケチャップ感がとても良かったです。 年に1回は来たくなっちゃうような、そんな素敵なお店でした! 塩分摂りすぎにはなるかもしれません!

引用元:Googleマップ

とんねるず『きたなトラン』 3つ星獲得店 東京・学芸大学 『二葉』 昭和レトロな店構えの町中華『二葉』 哀愁感が半端ないお店✨ どれを食べても満足の行くお店です(^○^) とんねるずの『きたなトラン』ではタンメンがオススメだったような気がしたのですが❗お客さんはみんなオムライスを頼んでました(笑) 調べたら名物らしいです✨ 次回はオムライスだな(^○^)

引用元:Googleマップ

1953年創業、昭和の薫り高いThe 町中華です。 昔、きたなトランでも紹介されたようです。 子供の頃、出前でよく食べた近所の中華料理屋のオムライスが 未だに自分の中のナンバー1オムライスでして。 こちらのオムライスが美味しいと聞き、訪問しました。 チキンでなく豚コマと玉ねぎのケチャップライスは香ばしく、 それを薄焼き卵で包んでケチャップがかけられたシンプルな作り。 ケチャップとのバランスがまたよく、沁みる美味しさでした。 やっぱり中華のオムライスはいいですね。 これはファンになっちゃいます。

引用元:Googleマップ

いつも混んでいて人気のお店です。 いつも子連れでお邪魔させてもらっていますが親切に対応してもらっています。 何を食べても美味しいですが、特にオムライス(チキンライス)が絶品です!他のお店で一人前完食できない子供もここのオムライスは量も多いのにペロリと食べてしまいます。 以前はカレーもメニューにあって、私はカレーが1番好きだったのですが今は無くなってしまいました。 行く度に「カレーはありますか?」と確認してしまいます。 定食に付いてくるぬか漬けもさっぱりして美味しい!

引用元:Googleマップ

念願の二葉へ。メニュー多し。めっちゃ迷うし全部試したいけど無理なので、半ちゃんラーメンをオーダー。 ホント大好き系の街中華テイスト。永遠に飲めちゃうくらいのナチュラルなラーメンスープ。ちょうど良い味付けのチャーハン。あぁ、やっぱり全部のメニュー試したくなる…!!

引用元:Googleマップ

学芸大学で有名なお店のようなので訪問。 レトロな外観と店内。 迷わずオムライスを注文し、待っている間にメニューを眺めるがや、安い〜! 今どきラーメン550円で食べられるなんて… (肝心なメニューの写真は撮り忘れ) オムライスが到着。 見た目も味も昭和の家庭のオムライスという感じ。お母さんが作ってくれるような優しい家庭の味でした(実際にはお母さん以上の腕前だし、プロの味なんだけど家庭のオムライスと感じました。) お腹いっぱい!女性は少なめで注文してもいいかも。次はチャーハンかラーメン食べてみたい。

引用元:Googleマップ

まとめ:学芸大学駅の「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華)に行ってみた

この記事では、学芸大学駅にある「きたなシュラン&きたなトラン」二葉(中華)に行ってみた感想をまとめましたがいかがでしたか?

このお店は中華料理の昔ながらの魅力を思い出させてくれるなあと思いました。

店内の雰囲気はとてもアットホームで、気さくなスタッフが出迎えてくれますし、メニューの種類も豊富で、見た目にも食欲がそそられる盛り付けが特徴です。

価格もリーズナブルでありながら、品質には一切妥協していないと感じました。

ボリュームも十分で、お腹いっぱいになること間違いありません!

「きたなシュラン&きたなトラン」二葉は、中華料理のクオリティとコストパフォーマンスの両方を兼ね備えたお店として、学芸大学駅周辺の人々にとって大変魅力的な存在です。ぜひ一度足を運んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役パーソナルトレーナーインストラクター。解剖学やヨガ・ピラティスなどボディーワークマニア。副業でライターとデザイナー業をしながら、全国を飛び回る。趣味はゲストハウス巡り。

目次