彼女たちの犯罪ドラマの原作やキャスト、ひっくり返った結末って?ネタバレ注意!

当ページのリンクには広告が含まれています。

夏のテレビドラマ「彼女たちの犯罪」が放送されますね!

本記事では、このドラマの原作やキャスト、そして結末についての感想やネタバレについて解説します。一つ一つのキャラクターの犯罪人生が描かれるこの作品は、一体いつから始まったのでしょうか?

様々な視点からドラマの魅力を探求し、気になる点についても触れていきます。

ネタバレに注意しながら、この記事を読んで楽しんでいただければ幸いです。

目次

彼女たちの犯罪

彼女たちの犯罪の原作について

原作:横関大「彼女たちの犯罪」(幻冬舎文庫)

彼女たちの犯罪の主題歌について

主題歌とオープニング曲は、この2つのアーティストでした!

Omoinotake<渦幕>

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
<Summer Riot~熱帯夜~>

彼女たちの犯罪のキャストは?

彼女たちの犯罪にエキストラ募集はある?

エキストラの募集は終わっていて、プレゼントキャンペーンが続行中ですよ

口コミや評判は?

一人の男の言動で狂わされた女性たちの話。
目的を持った者は強い。

翻弄される男たち。本人も警察も予想できず、考えが及ばない。

考えが固まったときは、手が出せないのだが…。

カバーフォト
青・紫の紫陽花の花言葉
冷淡、無常、浮気、移り気、
知的、神秘的、辛抱強い愛。

引用元:公式HP


読んでほしい!とにかく読んでほしい!!!

引用元:公式HP

【ドラマ】彼女たちの犯罪はいつから?

2023年7月20日 木曜夜11:59〜放送です!!

彼女たちの犯罪のインスタはこれ!

彼女たちの犯罪のInstagram

彼女たちの犯罪のあらすじ

医者の妻の神野由香里は夫の浮気と不妊に悩んでいたが、ある日突然失踪。

海で遺体となり発見される。

死因は自殺か、それとも――。

一方、交際相手が既婚者と知った結婚願望の強い日村繭美は偶然その妻と出くわし、ある決意をする。

ワケあり女が一人二人……もう一人?

引用元:公式HP
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

彼女たちの犯罪の相関図

こちらに追記しました!

あわせて読みたい
彼女たちの犯罪オープニング曲や主題歌はだれ?相関図やあらすじも! 『彼女たちの犯罪』は、今季のドラマの中でも特に注目を集めている作品です。 本記事では、このドラマの魅力的な音楽に焦点を当て、オープニング曲や主題歌についてまと...

彼女たちの犯罪のネタバレはある?

彼女たちの犯罪の感想

彼女たちの犯罪の結末は?(ネタバレあり!)

理子の本当の目的が(智明との間にできた)息子に金を遺すことだったとして、事件の結末は変わりません。

遺体が玉名翠だったと証明する方法はすでになく、余命短い理子も決して口を割らないでしょう。

そのうえ、理子は世田谷署の署長とも関係を結んでいました。理子が刑事課にただ一人の女性として配属された理由が察せられます。

上原は事件の真相が闇に埋もれてしまうであろうことを予感しました。

一方、東京を発った由香里は「ドライブインたなか」を訪れていました。

あの夜、智明と一緒に食事をとった伊東市の食堂です。

由香里はこの店のオムライスを絶賛していました。だから再訪したのでしょうか。彼女にどんな思惑があるにせよ、自殺行為なのは間違いありません。

神野由香里が生きているとわかれば、事件は一気にひっくり返ってしまいます。

案の定、店員は由香里の存在に気づきました。

・・・・・この先は小説で!!!

まとめ:彼女たちの犯罪ドラマはいつから?原作やキャストと結末の感想やネタバレはある?

この記事では、夏のテレビドラマ「彼女たちの犯罪」について解説しました。

原作は横関大氏のミステリ小説でドラマのキャストや結末の感想、そしてネタバレがあるか?についても触れました。

このドラマは主人公たちが犯罪や秘密に巻き込まれていくストーリーでスリリングな展開が魅力です。また、三人の女性たちの思惑や事件の真相の明らかになり方も見どころです。

ドラマのスタート日やキャストに期待しながら、楽しみに待ちましょう!

あわせて読みたい
爽快な結末!どんでん返しのミステリー小説おすすめTOP7【ランキング】 ミステリー小説の追い求められる一つの醍醐味は、その爽快な結末ですよね。 読者を驚愕させるどんでん返しや、緻密に組み上げられたトリック、さらには作者による読者を...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役パーソナルトレーナーインストラクター。解剖学やヨガ・ピラティスなどボディーワークマニア。副業でライターとデザイナー業をしながら、全国を飛び回る。趣味はゲストハウス巡り。

目次