地震保険で安心!損保ジャパンの地震対策・保険サービス徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
insurance

地震は予測が難しく、いつどこで発生するかわからない自然災害です。

元旦に起きた石川・富山の地震や津波もあまりにも急でびっくりしましたよね。

強く感じたのは私たちの生活を守るためには備えが大切ということです。

損保ジャパンの地震保険は、万が一の地震被害に遭ったときの救済を目的としています。

今回のブログでは、損保ジャパンの地震対策や保険金支払いネットワーク、連携している代理店によるサポートなど、同社が提供する地震保険に関する情報を詳しく紹介します。

ぜひこの機会に、地震保険のご検討をおすすめします。

目次

1. 災害対応の取り組み

保険では災害や緊急事態が発生した際に、以下の取り組みを行っています。

全国の保険金サービス拠点ネットワーク

火災保険や地震保険に特化した保険金支払いネットワークを全国に展開
災害に遭遇した場合でも、保険金の支払いをスムーズかつ迅速に行うことができます。

各地域にはサービス拠点を設けることで、安心を早く提供します。

代理店との連携による事故サポート

代理店との連携を重視し、事故対応に取り組むことで

代理店は地域に根ざしたサポートを提供し、信頼関係を築くことに注力しています。

全社で迅速な保険金支払い

自然災害が発生した場合、火災保険の保険金サービス部門だけでなく、全社で一丸となって迅速な対応をすること

例:熊本地震の際には危機対策本部を設置し、全国から社員を派遣するなど

2. 保険金支払いネットワークの展開

損保ジャパンは、お客さまへの迅速な事故対応を実現するため、全国に保険金支払いネットワークを展開しています。このネットワークは火災保険や地震保険に特化しており、災害などの被害に遭った場合、最短で一日でも早く保険金を支払うことを目指しています。

2.1 保険金サービス拠点

保険金サービス拠点では、専門スタッフが常駐しており、火災保険や地震保険に関する手続きに迅速かつ丁寧に対応しています。

どの地域に住んでいたとしても近くの拠点を利用することができますので、安心できますね!

2.2 代理店との連携

損保ジャパンでは代理店との連携も行っています。

代理店は保険会社とお客さまの間に立ち、お客さまの要望やニーズを把握し、適切な保険商品を提案する専門家です。損保ジャパンは代理店と連携し、事故対応においても細やかなサポートを行っています。

3. 保険料控除の仕組み

保険料控除は、所得税と住民税の課税額を減らすための重要な制度です。

この制度では、保険料の一部を所得から差し引くことができます。以下では、保険料控除の仕組みと条件について詳しく説明します。

保険料控除の対象となる条件

保険料控除を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 「保険料控除証明書」の提出:保険会社から発行される「保険料控除証明書」を税務署に提出する必要があります。ただし、勤務先からの給与控除によって保険料が支払われている場合は、個人での控除証明書の提出は必要ありません。

  2. 特約火災保険の場合の特例:特約地震保険の控除については別途控除証明書が発行されます。

保険料控除の対象となる方は、控除証明書の提出により、所得税と住民税の課税額から保険料の控除額が差し引かれます。

保険料控除の発送時期と例外

保険料控除の対象となる方には、10月中旬までに控除証明書が発送されます。ただし、以下の場合には控除証明書は発送されませんので注意が必要です。

  • 地震保険に加入していない場合
  • 今年が保険の初年度である場合
  • 郵便局・ゆうちょ銀行専用の郵便振込用紙で地震中途付帯手続きをした場合
  • その他の手続き用紙で地震中途付帯手続きをした場合
  • 前年以前にマイナンバーカードを利用して控除証明書を取得した場合

これが保険料控除の仕組みと条件です。自身の保険契約や申告手続きに応じて、適切な控除証明書の提出を行いましょう。保険料控除を活用することで、税金の負担を軽減することができます。

まとめ

損保ジャパンは、災害対応の取り組み、保険金支払いネットワークの展開、代理店と連携した事故サポート、迅速な保険金支払いの実現、保険料控除の仕組みなど、さまざまな取り組みを行っていることがわかりました。

災害や事故に備え、損保ジャパンの地震保険を選ぶことで、安心感を得ることができますね。

よくある質問

Q1. 災害対応のための保険金支払いネットワークは全国に展開されていますか?

A1. はい、私たちは全国に保険金支払いネットワークを展開しており、火災保険や地震保険に特化したサービスを提供しています。

Q2. 保険料控除はどのような条件で受けることができますか?

A2. 保険料控除を受けるためには、保険料控除証明書の提出が必要です。また、特約地震保険の場合は、別途の控除証明書が必要です。

Q3. 代理店との連携による事故サポートはどのような内容ですか?

A3. 代理店との連携により、事故のスムーズな対応やお客さまの不安解消、現地調査などを行っています。

Q4. 損保ジャパンはどのような取り組みを行って保険金支払いの迅速化を図っていますか?

A4. 損保ジャパンは全社をあげての迅速な対応体制や保険金支払いネットワークの展開、代理店との連携強化などを行っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役パーソナルトレーナーインストラクター。解剖学やヨガ・ピラティスなどボディーワークマニア。副業でライターとデザイナー業をしながら、全国を飛び回る。趣味はゲストハウス巡り。

目次